コツを掴んで楽しむ果樹と菜園

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏野菜の加温による発芽

<<   作成日時 : 2017/02/07 14:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

北関東の寒冷地では吹越と言って上越国境の降雪が風によって飛ばされて来ます。
2/2に播種し、2/3から加温していた夏野菜が発芽してきたので徒長を防ぐための日光浴を始めました。
また、夜間は蘭の避寒温室に取り込んで日中の日光浴を試みます。
ミニカトレアに二つ目の蕾が付き、開花まじかになりました。
胡蝶蘭の蕾が太陽に向かって垂れ下がる様子と低温障害で回復した様子・野良のキウイの芽吹きのアップです。



              夏野菜の加温・発芽の様子(2/7)
画像
左側一列はスナップエンドウ・二列目の上から三つめは白い四角のキュウリです。
    色々発芽して来ていますが徒長が怖いので明るい場所で育てます。




               ミニカトレアの二つ目の蕾(2/7)
画像
            この蕾が紫色になると間も無く開花です。
        前回開花(1/25)の花はまだまだきれいに咲いています。




               胡蝶蘭のつぼみの様子(2/7)
画像
       胡蝶蘭の花穂は太陽に向かって先端を下げるようです。
花屋に並んでいるものは皆同じように先端を下げているのは自然型であることに気が付きました。




              胡蝶蘭の低温障害と回復(2/7)
画像
通常の胡蝶蘭は株の先端から新芽が出ますが昨年三月に家を空けたため加温電球(ひよこ電球)の電源を落としたので温室内の温度が6度まで下がり幾つかの胡蝶蘭が枯死してしまいました。
         このことから8度を保つように管理していきます。
 この胡蝶蘭の先端は枯死しましたが葉の間から出た芽に花が付きました。




               野良のキウイの芽吹き(2/7)
画像
一般にキウイの実生苗に接ぎ木の出来るのは3年目ですが肥立ちが良ければ春先に接ぎ木ができるかもです。






ご訪問有難うございました。
お帰りにバナーボタンをポチッと押して頂ければ幸いです。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤマケンおじさん こんにちはー♪

夏野菜がもう発芽ですか〜
4日に蒔いたうちのも、そろそろかな♪
発芽してくると、これまた忙しくなるんですよね〜
おっつかないかも。
らうっち
2017/02/07 16:34
今晩はー、らうっちさん

足温器を使った発芽器に4日間入れておきました。
もちろん一番弱い温度にしていましたが・・・
らうっちさんは発芽器を使っていますか(?)
ちょっと温度をかけてやると発芽しますよ。
今の時期の発芽は遅れても大丈夫ですよ。
ヤマケンおじさん
2017/02/07 19:04
もう発芽しているんですか
やはり加温が必要ですね
花より団子
2017/02/07 21:21
もう、キウイが発芽ですか!!
早いですね〜
かんぺ〜
2017/02/07 22:17
今日はー、花より団子さん

お金を出せばHCで幾らでも入手出来る苗ですが、自分で作ったモノには愛着があります。
GWに手頃な苗を逆算すれば「今頃の播種と発芽」になってきます。〔結果はダメもとで〜す。〕
ヤマケンおじさん
2017/02/08 12:58
今日はー、かんぺ〜さん

昨年放置してあった空き鉢にポツンとキウイの実生が生えていました。
いずれ黄色のキウイの台木に出来るものとして育てていました。
キウイの新芽って綺麗なのを思い出して蘭の温室に取り込んだら早々と発芽してきました。
ヤマケンおじさん
2017/02/08 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏野菜の加温による発芽  コツを掴んで楽しむ果樹と菜園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる